■ホルモン補充療法(HRT)による治療前の事前知識

Beauty of woman

    ピックアップ

  • 治療の種類と特徴

    ホルモン補充療法にはその症状や状況にあわせていくつかの種類があります。薬の安全性を高めるためには、高い効果を得ながら、リスクを最低限に抑える「最少有効量のHRT」を使うことが世界的なコンセンサスとなっています。

    もっと詳しく

  • 治療前の事前知識

    ホルモン補充療法を安全かつ快適に向けるためにはホルモン補充療法の治療内容やその方法の捨ステップについてある程度知っておくことがホルモン補充療法の効果を最大限にするために大切なことです。

    もっと詳しく

副作用とリスク

ホルモン補充療法のメリットは分かっていてもそのリスクといわれているである発癌などの問題が明らかにしないいと、やはりその使用に対して躊躇しがちです。そのため発癌などのリスク・デメリットを明らかにすることは重要なことです。

»もっと詳しく

ホルモンの補充療法

女性ホルモンとは、思春期から閉経までの間卵巣から活発に分泌される物質。その働きによって、月経が起こり、妊娠や出産が可能になります。また、女性ホルモンが正しく分泌されることで、肌や髪を若々しく保ったり、血管や骨を強くするなど病気から守ってくれる働きもあります。 女性ホルモンとは、思春期から閉経までの間卵巣から活発に分泌される物質。その働きによって、月経が起こり、妊娠や出産が可能になります。また、女 性ホルモンが正しく分泌されることで、肌や髪を若々しく保ったり、血管や骨を強くするなど病気から守ってくれる働きもあります。 女性ホルモンとは、思春期から閉経までの間卵巣から活発に分泌される物質。その働きによって、月経が起こり、妊娠や出産が可能になります。また、女 性ホルモンが正しく分泌されることで、肌や髪を若々しく保ったり、血管や骨を強くするなど病気から守ってくれる働きもあります。
エストロゲン:生理後~排卵期に向けて増えるホルモン。自律神経を安定させる働きや、女性としての魅力を高める効果があります。ホルモン補充療法はその急減した女性ホルモンも少量を担う治療法なので、こうした不快なホットフラッシュの緩和には最も効果があります。その弛にも不眠やイライラ、疲労感、うつ気分などの症状が改善したという報告もあります。
プロゲステロン:体温を上げるなど、妊娠を維持する作用のあるホルモン。排卵期を過ぎると分泌され、体や気分を重くさせることもあるのです。
女性ホルモンは脳の視床下部と下垂体から指令が出され、卵巣から分泌されます。同時に卵巣からも視床下部へ情報が伝わり、ホルモン分泌の微調整が行われます。つまり、脳と卵巣は連携して女性ホルモンを分泌していて、ストレスで脳からの指令が乱れたり、卵巣の老化などにより脳からの指令に応えられないとホルモンバランスの乱れを招きます。
0代~40代前半の女性は、ストレスや不規則な生活などにより女性ホルモンのバランスが乱れ、様々な不調の原因となります。また、更年期に入ると女性ホルモンが低下し、更年期障害となって心身に不調が現れやすくなります
更年期の症状でよく知られているのが急なのぼぜや発汗を伴うホットフラッシュです。これはエストログンの急激な減少が血管運動をつかさどる自律神経の活動を不安定にするために起こるものです。女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、バランスよく分泌されることが大切です。エストロゲンは美のホルモンともいわれ、女性としての魅力を高めますが、このホルモンに関連して乳がんや子宮体がんなどの病気が発症することもあります。
ホルモン補充療法とは、このような更年期症状や更年期障害の治療のために、閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、飲み薬や貼り薬として補充する療法です
肩こりもホルモン補充療法を続けているうちに改善しました。というような声もよく聞かれます。 ホルモン補充療法自体に肩こりの改善作用はありませんが、もっとflashの改善に伴い、精神的な緊張が解けることで肩こりの症状まで改善するのかもしれません。、このようにHRTには複雑に絡みあった更年期障害の症状の悪い連鎖を断ち切ることにより、全身の状態が改善する効果も期待できるのです。
更年期症状・更年期障害によく効く治療法として欧米では30年以上の実績があるホルモン補充療法ですが、日本ではまだ抵抗を感じる人が多いようです。